妊活中に必要な栄養素

赤ちゃんが欲しい!ときには、自分の体が健康で安定した状態を保つために必要な栄養素と、赤ちゃんを育むために必要な栄養素を、あらかじめ準備しておく必要があります。
ビタミンAやたんぱく質で子宮環境を整え、ビタミンCやビタミンEで卵子の老化を防ぎ、また排卵を促します。
さらに母体をはじめ、胎児の体を作るためのたんぱく質、カルシウムなどの栄養を十分に取っておくことで、いつ赤ちゃんを迎えてもよいように備えましょう。
また、胎児に酸素や栄養を送るため、赤血球が活躍する妊娠中には母体が貧血を起こしやすいと言われるので、鉄分の補給も重要です。
元気な赤ちゃんを育み、出産するためにも葉酸を中心としたビタミンB群の存在も忘れてはいけません。胎児の脳の発育を支え、また妊娠中毒症の改善にも効果があるとみられています。

妊活力UPにもつながる

必要な栄養素を十分摂ることは、妊活力をupさせます。
つまり、「妊娠しやすい体を作る」といえるのです。
ビタミンCやビタミンEの持つ抗酸化作用で活性酸素から卵子を守り、卵子自体の老化を防ぐことで質の良い卵子を保つことはもちろん、たんぱく質を摂取することで筋肉を育てることができます。筋肉が育てば血流もよくなり、体温が上がり、代謝がよくなって免疫力も上昇します。つまり、妊活のための栄養素はそのまま、妊娠しやすい体作りにもつながっていくのです。
もちろん、ただ栄養を摂るだけでは十分とは言えないので、適度な運動や十分な睡眠をとって、心身ともに健康を保つよう努めましょう。

栄養素を効率的に摂るためには?

健康な赤ちゃんを育むためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが必要になります。しかし、現代社会において毎日の食事ですべての栄養素を必要量網羅することは非常に難しいのが現実。
バランスの良い食事を心がけながら、効率的に必要な栄養素を摂取するために、サプリメントを併用することは非常に有用です。

サプリメントのメリット

サプリメントで必要な栄養素を補う上で、サプリメントならではのメリットがあります。
一つは、調理過程で失われてしまう栄養素がないこと。
通常加熱や水洗いなどによって、調理過程で食材から栄養素が失われてしまうものですが、サプリメントはその中に含まれた栄養素をそのまま摂取することができるので吸収効率の良さが利点として挙げられます。
妊娠しやすい体を作るためにも、忙しい妊娠前のうちから、サプリメントを使って十分な栄養を摂り、体のバランスを整え、妊娠に備えておくことが可能なのです。
妊娠率を上げるために摂取しておきたい栄養素はこちらで説明されています。
参考サイト:
葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ|syufeel

URL:http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/
必要な栄養素だけでなく、その栄養を含んだサプリメントを見つけることが出来ますよ。